遠隔?

f:id:amanokotone:20221005162208j:image

天高く馬肥える秋🐎

 

今、薬師如来様の伝言の本を書いていたら、何と

ちょっと手こずっていた、子供さんを遠隔せよ。

と言う薬師如来様からの伝言が飛んできた。

 

滅多に無いチャンスなので、お母さんのお腹に胎児にしてもどして、施療を行う事になった。

天候もこんなだから松果体が休んでくれるらしい。

ありがたいチャンスだ。

上手くいくことを祈るのみだ、、

f:id:amanokotone:20221005162931j:image

 

皆さんから色々な情報が来る

異世界薬局と言うアニメが在る事を

恵比寿の多田さんの息子さんから教えてもらいました。

 

主人公は現代の薬学博士が転生した、未だ少年いや15〜16歳位の男子だ、

その子は左目で他人の身体の悪い所が青く見える。

右目は拡大する事が出来る。

左手は物質を生み出し右手は消す事が出来る。

薬は即効性のある、現代医薬である。

天才医薬博士ならではの構成である。

 

異世界では薬神の化身らしい。

確かに他人を現代の薬で治していくのだから

素晴らしい。

薬学博士たちはこんな事できるならやってみたいだろうな。

解る様な気がする。

 

コトネさんと似ていると言われるが、

私の施療に現代医薬は使わない。

医薬の知識は無い。

昔ながらの植物や漢方である。

その人とのクスリの相性わ、る。

 

未だ二篇めだから、先も見てみよう。

f:id:amanokotone:20220930022421j:image

 

榊の木かしら?

f:id:amanokotone:20220923110039j:image

これって榊の花芽ですか?

道を歩いていて、見つけました。

f:id:amanokotone:20220923211919j:imageこんな花になると思います。今年は

榊の蜂蜜が取れるかどうか丹波農家さんに聞いて見たいと思っています。

 

花の咲く時期に台風が来たりしたら駄目だそうです。毎年微妙だそうです。

 

今日は京都から山崎の方に入りました。

ここでは

既成概念を持たない。と言う実習をしました。

 

まだ21時28分ですが、昨日からのダメージからまだ立ち直って居ない為寝ることにしました。

 

お休みなさい。

 

 

 

 

運の悪い日は朝からなんですね。

f:id:amanokotone:20220922223625j:image

曼珠沙華が咲いて居ました。

ノートブログにも書いてしまいましたが、

久しぶりの運の悪さにガックリ。

余り経験した事が無い事件にいささか、

エッえっ🤯

そしてコレも食らえ。とばかり。

大事な事務所の鍵を紛失。

 

警察にも届けましたが。

どうなるでしょうか。

 

ありがたい事にehcの管理人さんのTチャンが

わざわざ実家から帰って明日朝鍵を届けてくれる事になりました。

 

山崎で待って居て下さるPチャン申し訳ありません。

 

又台風が近づいているらしい。

 

傘も🌂居るかしら?

 

人には人の......

f:id:amanokotone:20220919070703j:image

与えられた、役割りがあります。

隣りの庭を覗いて観ても

本質が違うのだから

同じなわけがありません。

 

我々は一人一人違います。

それぞれが上から期待され与えられたモノに

果敢にチャレンジして得ていかなければならない

訳です。

 

貴方には貴方のやるべき事。

私には私のやるべき事。

此の歳になると、わかって来ました。

せっかく選ばれてこの地球の一員になれた事に

感謝。

 

此の星に残せるモノ。

私の使命。

残りの人生をかけて。

色々な事が

順番に起こります。

妙高高原、こちらでも、不思議な事が次々と起こりました。まだその経過の中です。

何だか神様が全てをご配慮して下さって居るようです。

f:id:amanokotone:20220913171931j:image

白い彼岸花は山口では咲出しました。

炭焼きの香りがこちらにも漂っております。

 

私は静かに過ごす時間を与えていただきました。

世のため、人の為になる、構想を実現出来ると良いのですが。

f:id:amanokotone:20220913172356j:image

美しい妙高高原が呼んでます。

神道講座で

可成り面白い講座でした。

私は皆さんご存知の様に今仏教のに興味があります。

ブッダの本を読んで居ますが、中々その時代の時代構成が納得出来ません。カースト制の中での苦しみから自ら解放される方法を見つける為に苦しむブッダの姿が出てきます。

真魚講師によると、曼荼羅の仏達は、皆ブッダが経過した、姿を現わしていたりすると言われました。

妙高高原に向かう為に東京駅のホテルに泊まり昨日の講義を振り返ってみますと、なるほどと、思えるところもあります。

一挙に結論を出さないようにして、

色々考えてみる時間をもらったと思います。

 

今日の講義で、日本仏教は、日本の文化である神道と融合し合いながら人々の中に根付いて行った。

そこには、天皇の力も働いていた。(宇佐八幡の応神天皇が始め。)奈良の大仏の為に召還されたと言う事も解る。

 

深い日本の歴史に興味を持った。

学生達は彼の講義は難しいと言うらしい。

今日は前6講座の総集編だったから

ちょっと難しかったが、

私の中の歴史と合わさっていく所は

面白かった。

f:id:amanokotone:20220912045347j:image中秋の名月。帰り道で。